2014年 11月 13日 ( 4 )

頻繁な偶然君は気づいてた静かに私泳がされてた
[PR]
by mifune_machiko | 2014-11-13 22:51 | 短歌
声からし君の名を呼ぶためだけの岬を胸に飼っていました
[PR]
by mifune_machiko | 2014-11-13 22:50 | 短歌
ふっきれた頃には遅い特大のセンターフライ走者はいない
[PR]
by mifune_machiko | 2014-11-13 22:49 | 短歌
厳格な持ち物検査すり抜けてペン一本で描く曼荼羅
[PR]
by mifune_machiko | 2014-11-13 22:48 | 短歌